TURACO、旅と日常を綴る

かつては、アフリカなどに旅行していました 最近はだるいので海外旅行いかず国内旅行がメインになりつつあります

カテゴリ:●2001年‐国内旅行 >  2017年10月知床旅行

オリックスレンタカーの株主優待を試してみた

電話して予約しないとだめらしい

ネットでできないのだとか

めんどくせぇー(# ゚Д゚)

北海道や沖縄だと50%オフになるらしいが、情報がなさすぎ

電話しないと詳細がまったくわからない
オリックスレンタカー1

続きを読む

1日目
実1日め

続きを読む


いつものルートで向かう
1 (2)


続きを読む


順調にきてチェックイン
2 (1)

続きを読む



時間がすげぇ余ったのでしょうがないからふらふらしていた

まずは、カードラウンジいく
3 (1)

続きを読む


雨だったのでデッキにでられず
4 (2)

続きを読む


セキュリティチェックをやって・・・
5 (1)


続きを読む

で、搭乗
6 (1)

続きを読む


順調に飛行

適当にふらふらしていた

眠い・・・・
7





雌阿寒岳を見ながらぐるりと周回して着陸
8 (1)

続きを読む


荷物も受取・・・・

レンタカー会社のブースへ
9 (1)


続きを読む




無料の高速道路を通行します
10 (1)


続きを読む



わりとしっかりした駅舎ですね
11 (1)

続きを読む



順調にきて・・・
12 (2)

続きを読む



わりと狭い部屋でした
13 (1)

続きを読む



時間があるので、歩いてみます
14 (1)




よくある駅前の商店街ですね
14 (2)

続きを読む



無料の晩飯たべてみます
15 (1)


続きを読む



撮り鉄します

北見駅です
16 (1)

続きを読む




跨線橋を渡・・・
17 (14)

続きを読む




これが現在の北見市庁舎
18 (1)

続きを読む



戻って風呂はいりました

サウナにはいったりして1時間をすごし・・・

体重はご覧のとおりとなりました(・∀・)ニヤニヤ
19





起きて風呂入ります

長期滞在者用にいろいろとあるね

洗濯機は無料

乾燥機は有料らしい
20




朝飯です
21 (1)


続きを読む


国道を快調に飛ばします
22 (1)

続きを読む



東相内駅がDF200とディーゼル機関車が交換するらしい
23 (4)

続きを読む



津別町経由で阿寒町まで向かいます・・・

北見の下の方にあったひまわり畑
24 (1)


続きを読む




道の駅よります
26 (1)

続きを読む


相生線の跡が残っていました
25 (1)


続きを読む



紅葉みながら進みます
27 (1)

続きを読む






緑色のバスがゆく・・・
28 (1)

続きを読む



サツドラもあった
29 (6)

続きを読む



おそらく、子供の頃にきたであろうアイヌコタンです
30 (1)

続きを読む



鶴居村まで移動します

紅葉がきれいなので、道中止まりながらいってみます
31 (1)

続きを読む



鶴居村にはいるといきなり丹頂鶴がいましたね
32 (1)

続きを読む



鶴居村にきたので伊藤サンクチュアリーまで行ってみます
33 (1)

続きを読む



展望台に寄り道

が、有料なので入らず(# ゚Д゚)
34 (1)

続きを読む



新富士駅いくと貨物が止まっています
35 (1)

続きを読む


別の場所に移動してみました

信号は赤です
36 (2)

続きを読む


雄別鉄道の跨線橋跡らしい

これを見ながら真っ暗な釧路の街を移動します
37





宿に到着

すげぇ、ヤニ臭い(# ゚Д゚)
38 (3)


続きを読む


でかいショッピングモールがあります
39 (1)

続きを読む


歩いて駅のほうまでいってみますかね
40 (1)





続きを読む



有名な幣舞橋です
41 (3)

続きを読む



フィッシャーマンズワーフきてみた

その前に、炉端があった
42 (1)


続きを読む



おそらく潰れたであろう店舗とかあるね・・・
43 (1)


続きを読む


また、歩いて帰ります・・・
44 (1)


続きを読む




予定通り起きます

そして、朝飯です

いっぱいあるね
45 (3)

続きを読む



昨日と同じスポットです

貨物列車くるかと思ったけど、こなかった┐(´д`)┌ヤレヤレ
46 (1)


続きを読む




少し寄り道してみます
47 (1)

続きを読む


跨線橋の横にある操車場

これ郵便輸送車かな?
48 (1)


続きを読む

このページのトップヘ