TURACO、旅と日常を綴る

かつては、アフリカなどに旅行していました 最近はだるいので海外旅行いかず国内旅行がメインになりつつあります

カテゴリ:●2001年海外旅行 >  2014年GW ナミビア旅行

延々と走って、やっと海に出ました
51 (5)s




海抜は、300mあたりからいっきに0m地点までいったけれど、その区間がくそ暑かったね

随時気圧計で測定
51 (7)s

51 (9)s




難破船です

2008年頃に座礁したらしいのですが、ずっと放置されているらしい
51 (4)s




海岸線〜
51 (1)s

51 (2)s

51 (3)s




で、見に行くがまぁ普通な感じ(笑)

一路、スワコプムンドへ
51 (8)s




植物保護区らしい
51 (10)s

51 (11)s

51 (12)s

やっと到着です

が、5月1日はメーデーの日で祭日
52 (2)s

52 (3)s

52 (4)s

52 (5)s




といわけで、市内は人がいない〜
52 (6)s




スタバの偽物
52 (8)s

52 (9)s



で、ホテルにチェックインして荷物おいてとりあえず、スーパーへ向かう
52 (10)s

52 (7)s


52 (11)s

52 (12)s

52 (13)s




で、近くにあるスーパーでお菓子とかを買う
52 (14)s

52 (15)s

52 (16)s

52 (17)s

52 (18)s

52 (19)s



休日だからか、空いていたよ(笑)
52 (21)s



でも、アルコールは売っていない
52 (20)s

スーパーで買い物して次は、海岸線へ
53 (2)s

53 (1)s



で、海岸線に行ったら、日が沈んでいた
53 (3)s

53 (5)s



まぁ、夕暮れの写真は撮る趣味ないからいいかぁ

とりあえず、こんな感じで撮影出来ました
53 (4)s

みんなで飯を食いに行く予定だけど私は、一人で部屋でネットしてました

スープ飲んだらは腹が一杯で・・・

21時には就寝〜

朝はゆっくり起床
55 (1)s

55 (2)s




で、朝食を食べるけれど、ハムがうまい〜
55 (4)s

55 (3)s




さすがは、ドイツ領

素晴らしい

ここの朝食はよかったなぁ

飯も食べたので、散歩する
56 (1)s

56 (4)s




海岸線沿いを歩く
56 (3)s

56 (2)s

お土産屋がいっぱいあるところへ行く
57 (1)s




で、適当に物色
57 (2)s

57 (3)s

57 (5)s

57 (6)s




で、目に止まった角を買おうかと思い交渉するの〜

最初に400とふっかけてくるも、拒否

そして、100ナミビアドル(1,000円)で手打ち

こちらの言い値になった(笑)

たぶん、売れないと思うので下げたのだと思う〜

で、これ買った
57s




で、次にイノシシの牙で出来た栓抜きを買おうとするも値段が合わず断念〜

250が言い値で、こちらの希望値は50だったのだが、鼻から相手にされず(笑)
57 (4)s

海岸線沿いを歩きます
58 (1)s

58 (2)s



なんか、普通な海岸線だね
58 (3)s



立乗りサーフィンもできるらしい
58 (6)s



ホテルができるとか・・・
58 (4)s




こんなのがあった
58 (5)s

ヒンバ族がまたいた〜
59 (1)s



で、ヒンバ族をちょろっと隠し撮り

なんか汚いね〜
59 (2)s

59 (4)s




これ子供

売り物くわえてるよ・・・
59 (5)s

59 (6)s

歩いて、繁華街へ向かうがこれが大統領の離宮らしい〜
60 (2)s




WW気鉢兇魑念する石碑
60 (1)s




こんなのもあった
60 (4)s

60 (3)s




で、繁華街
60 (5)s

60 (6)s

60 (13)s




お土産や
60 (7)s

60 (8)s




ドイツ系の匂いがする(笑)

おいてあるものもドイツ風な感じ〜
60 (10)s

60 (9)s




であとは、市内の店舗を適当にふらふらしてホテルへ戻る
60 (11)s

60 (12)s

60 (14)s

で、ホテルに戻り荷物をまとめて出発です

メンバーが入れ替わりました


街の外に出るといきなり砂漠と広大な平原が広がります
62 (1)s

62 (3)s




延々と続きます

鉄道も走っています

チープな送電線はどこまで続くのかね〜
62 (2)s




昼飯は、ランチボックスです
62 (4)s

62 (7)s




トイレ休憩で立ち寄ったけれど、これトイレよ(笑)
62 (5)s

62 (9)s

62 (6)s

62 (8)s




すごい起伏の激しい場所を通る
62 (10)s

62 (11)s

62 (12)s

62 (13)s

62 (14)s

62 (15)s

62 (16)s




標高も高くなっていく
62 (17)s

ウィントフックから来た人を何もな道の真ん中で拾いました
63 (2)s



ロシア人のペアで、今朝フランクフルトから来たそうでした、お疲れな様子

にしても、この辺も何もない
63 (1)s

63 (3)s

63 (4)s

突然、車が止まり、見慣れない単語が・・・
64 (5)s

64 (6)s



で、何かと思ったら南回帰線

こんなところいあったとはね〜

で、記念撮影

それにしても、みんな飛ばしていきます・・・
64 (2)s




本当に何もないよ(笑)
64 (1)s

64 (3)s

64 (4)s

またまた、車は飛ばします

すごいところです・・・
65 (1)s

65 (2)s




家があった・・・・
65 (3)s

65 (4)s


ガススタンドがある場所で休憩です〜
66 (1)s

66 (9)s

66 (2)s




郵便局もある
66 (4)s




ATMもある
66 (3)s




コーラとか売っている
66 (5)s

66 (6)s




全般的には高くない感じ〜
66 (7)s

66 (8)s





ガイドブックに載っていた場所だね〜
66 (10)s

66 (11)s

66 (12)s

変なリスに出会いました〜
67 (1)s

67 (2)s

67 (3)s




でかい・・・・
67 (4)s

67 (5)s

67 (6)s

67 (7)s




きもい(笑)
67 (8)s
67 (9)s

67 (10)s

67 (11)s

67 (12)s


再び走りますが、途中で公園らしきものを抜けました
68 (1)s




スプリングボックスとかいたなぁ
68 (2)s

68 (3)s

今晩の宿であるデザートキャンプに到着
69 (3)s

69 (4)s

69 (5)s




広大な平野のど真ん中にあります〜

すごい場所だね
69 (7)s

69 (1)s

69 (2)s




部屋まで荷台で運ぶ〜
69 (6)s


夕飯もBBQでした〜
70 (2)s




重い(笑)
70 (2)s

70 (4)s




サラダ食って、パス(笑)

肉は重いよ〜
70 (1)s

軽く食べたので、早々に就寝
71 (1)s




で、朝は五時半に起床

朝焼けが綺麗ですね〜
71 (2)s

簡単に朝食を食べていざ、いざナミブ砂漠へ
72s


朝から大勢の車が待機
73 (3)s




ゲートオープンと同時に大勢の車がなだれ込む
73 (2)s



73 (1)s

73 (4)s

走りながらだけど、朝日を見る
74 (2)s




日の出見るのは何回目かな?
74 (3)s




今年はよく見るようなぁ〜
74 (4)s


そんなに大した場所でもなのに車がとまりました
74 (1)s

74 (5)s




で、撮影タイム

その後も車が走ります

朝日があっている部分とそうでない部分のコントラストがいいね〜

再び撮影タイムです
76s



今度は遠くにオリックスがいるからだとか・・・

どうせだったら、コントラスト比の良い場所で止まって欲しかったなぁ〜
75 (3)s

75 (5)s




そして、もう少し綺麗な場所で止まって欲しかったなぁ(泣)

これオリックスの足跡
77オリックス足あとs

かの有名なDurn45に来ました〜
78 (3)s




いっぱい人が登っています

すごいです
78 (2)s


帰りにもよるそうです、その時に登るそうです


横から撮影しました

でかい砂丘だね
79 (1)s

79 (2)s



再び移動です〜

同じような砂丘ばかりだ
80s

道が終わりました

ここからは、未舗装なので乗ってきたトラックタイプの車ではいけないので四駆に乗り換えます
81 (1)s




ジャッカルがいた
81 (2)s




で、メンバー全員が乗車したらガイドが乗れないとかで、ガイドは縁にしがみついています・・・
81 (3)s



すごすぎです(笑)
81 (4)s




にしても、すごい道だよ・・・
81 (5)s

81 (6)s

81 (7)s

81 (8)s

着きました
82 (1)s




で、ここから歩いて進むのですが、すごい歩きにくい

もう、大変で・・・
82 (2)s

82 (6)s

82 (7)s

82 (5)s





砂漠のこんな場所でも植物が育っているのですが、この植物は水をかけると生き返るらしい
82 (3)s



これがかかっている場所はなんとなく生き返っているのだが・・・
82 (4)s

で、歩けども歩けども着かない
83 (1)s

83 (3)s

83 (6)s




延々と歩いてやっとついた
83 (2)s

83 (4)s

83 (5)s




そして、見える場所で、ガイドがこの砂丘がどうやってできたかなどを説明した
83 (7)s

83 (8)s

83 (9)s

83 (10)s




ガイドの説明を聞かず、砂遊びしていた(笑)
83 (11)s




これ標高
83 (12)s

ガイドの説明後は自由行動

で、まずはパンへ向かいます
84 (1)s

84 (2)s

87 (3)s

枯れた水たまりがあったそうで、硬い岩盤になっています
85 (3)s

85 (1)s

85 (2)s


硬い岩盤の上をひたすら歩きますがすごい・・・歩きやすい
85 (3)s

86 (1)s




雲泥の差です(笑)





パンがあった場所にはえていた植物が枯れ、枯れ木としてたっています
87 (1)s

87 (2)s

86 (3)s

86 (1)s





これ枯れ木のアップです
86 (4)s

数枚撮影しましたが、この時もプログラムモードで撮影したのだけど、これも失敗・・・
88 (1)s




ISO感度がね・・・
88 (2)s

88 (3)s

こちらも数枚撮影
89 (2)s

89 (1)s

撮影が終わって、まだ時間が余っていたので砂丘に登ることにしましたが、すごい大変だった(泣)


目指せ頂上・・・
90(2)s

90 (3)s

90 (4)s



まだまだあるよ・・・(泣)
90 (2)s

90 (1)s




90s



もう少し・・・
90(1)s

必死こいて登ります・・・
91 (1)s



で、なんとか到着です〜

すごい綺麗だ・・・
91 (2)s

91 (5)s




砂紋もきれいだよ〜
91 (3)s

91 (4)s

ここでは、時間の都合上、そこまであがれなかったけれど、とりあえず満足
92 (1)s

92 (2)s

92 (3)s



みんなが駐車場に方に向かっていますので、私も移動しますが、大変だったなぁ
93 (1)s




で、一気に下山するために砂の斜面を勢い良く降りることに〜

すごいスピードで降りられた〜

登りに20分近くかかって帰りは3分たらずです(笑)
93 (1)s

93 (2)s

93(6)s




これ歩いたあと
93 (3)s

93s

みんなに追いついたけれど、またそこから歩くのがね(泣)
94 (1)s

94 (2)s




砂丘もう大変〜
94 (3)s




やっと平地に到着です

が、なんだろうか岩盤の硬い地面が愛おしいと思えた(笑)
95 (1)s

95 (2)s

やってきたトラクターに乗り込みますが、これはすごいやつだった(笑)
96 (1)s

96 (4)s



がんがん揺れるくせにクソ遅い

もう一箇所寄ってから、駐車場まで戻りますが、満席で立っている人までいたよ〜
96 (2)s

96 (3)s



ブログネタ
GWに撮った思い出の一枚を見せてください! に参加中!
車に戻ったら昼飯の準備がしてありました
97 (1)s

97 (4)s




腹は減っていたので食べました

うまかったなぁ

でも、風がすごく強い〜
97 (2)s




またまた、ジャッカルが・・・・
97 (3)s

再び移動です〜
98 (1)s

98 (2)s



MisiaのEverythingをずっと聞いていました
98 (3)s



ここの砂紋もきれいだね〜
98 (4)s

98 (5)s


再び来ました〜
99 (1)s





今度は誰も登ってないので、登ります
99 (2)s

99 (3)s

99 (4)s

誰も登ってないから最高と思いきや、足跡がないので大変〜
100 (1)s

100 (3)s




ひたすら砂に足を取らながら行きました〜
100 (4)s

100 (2)s

このページのトップヘ