TURACO、旅と日常を綴る

かつては、アフリカなどに旅行していました 最近はだるいので海外旅行いかず国内旅行がメインになりつつあります

カテゴリ:●2001年海外旅行 >  2009年11月 韓国旅行

KTXに乗って釜山へ向かいます
20 KTX (1)


乗るのはKTX山川という韓国のロテムが開発したオリジナル車です
20 KTX (2)


20 KTX (13)


20 KTX (3)


20 KTX (6)


外観は違うけれど、内装は、TGV側と変わらず
20 KTX (7)


20 KTX (4)


20 KTX (8)


20 KTX (10)


足元狭い・・・
20 KTX (5)



もう少し、工夫して欲しかったね・・・
20 KTX (9)


無事釜山に到着
20 KTX (11)


20 KTX (12)


20 KTX (14)


その後、このKTX山川は構造的な欠陥がみつかり運行が当面停止となりました
20 KTX (15)


20 KTX (16)


21 ロッテマート&駅前 (3)



22 ジャガルチ市場 (17)



2階は、1階で買った魚をさばいてくれる料理として出してくれるお店です
22 ジャガルチ市場 (18)


22 ジャガルチ市場 (19)


那覇にもこんなのありましたね=
22 ジャガルチ市場 (20)


22 ジャガルチ市場 (21)




外は、霧というのか靄がかかっていました・・・
22 ジャガルチ市場 (15)




そして、外を再び歩く
22 ジャガルチ市場 (23)


22 ジャガルチ市場 (24)


22 ジャガルチ市場 (25)



舗装されていない場所を歩くと、こんな人がいた・・・
この国はどういう国なのだろうか?とつくづく思う
22 ジャガルチ市場 (22)

大学の同窓でこの頃は仲の良かった知人たちとのりで韓国へ行くことにしました

ANAホリデーとかいう商品をつかいます

お泊りは、Westin Chosen Hotelです=

セントレアの東横インに前泊してANAのA320でいざソウル

そして、ソウルでは宗廟をちょろっとだけ観光
1日目 (1)


1日目 (2)


1日目 (3)


1日目 (4)


1日目 (5)


1日目 (6)


1日目 (7)


1日目 (8)




Westin Chosen Hotelにチェックイン
1日目 (16)



敷地内、李氏朝鮮時代の天壇みたいのがあった
1日目 (15)


Westin Chosen Hotelでは、結婚式をしているらしく、すごい派手な花飾りがあった
1日目(17)



そして、明洞を散歩してアイス食って、エステみたいのをして1日目終了
1日目 (9)


1日目 (11)


1日目 (12)


1日目 (13)



1日目 (13)



1日目 (14)


朝食をたべたら、変身写真館みたいのに行ってみんなで写真を撮った
2日目 (1)


その後は、自由行動でふらふらというわけで、宮殿とかにいってみました

これ食った昼飯
2日目 (1)





こちらも、大規模に再開発した場所です
2日目 (3)


2日目 (4)


ここが例の高速道をとっぱらったところ=
2日目 (5)



朝鮮水軍の銅像
2日目 (6)



韓国らしく、いたるところに反日が・・・
水路に朝鮮半島の歴史がずらずらと・・・
2日目 (8)


2日目 (9)


2日目 (10)


安住根の手形がでかでかと・・・
2日目 (7)

前きた時は、大規模な工事をしていたので見られなかった
2日目 (15) 景福宮



なので、ちゃんと見るのははじめて
2日目 (13) 景福宮




着いたらセレモニーをしていた
2日目 (11) 景福宮


2日目 (12) 景福宮


2日目 (14) 景福宮




やっぱり中国の影響が随所にでているよね=
2日目 (16) 景福宮


2日目 (17) 景福宮


玉座
2日目 (18) 景福宮


2日目 (19) 景福宮


2日目 (20) 景福宮


これ後宮のほう
2日目 (21) 景福宮


2日目 (22) 景福宮


2日目 (23) 景福宮


2日目 (24) 景福宮


青瓦台は景福宮の裏にあります
2日目 (25) 景福宮


ちょっとだけ、行ってみました
2日目 (26)


ピンクの警官みたいなお姉さんがいいね(笑)
2日目 (27)


新しくなったソウル駅の駅舎を見てきました
2日目 (28) ソウル駅


2日目 (29) ソウル駅


KTXにも乗ってみたいね
2日目 (30) ソウル駅



ってか、これまんまフランスのTGVじゃん(笑)
2日目 (33) ソウル駅


2日目 (34) ソウル駅


2日目 (31) ソウル駅


時間ができたので、ソウル駅にあるマックへいき、いつもと変わらないコーヒー飲んで時間を潰す(笑)
2日目 (35)

夕飯は、焼き肉でした
2日目 (36)


2日目 (37)




焼き肉食べて、この後は風呂に入って午前3時位まで遊んでいた=


ゆっくり起きて、適当に朝食を食べて、東大門市場へ行った
2009 秋 韓国 131s


2009 秋 韓国 132s


2009 秋 韓国 134




2009 秋 韓国 135s


2009 秋 韓国 137s


2009 秋 韓国 138s


2009 秋 韓国 138s


東大門市場の前にあった野球場が取り壊されて、新しい何かができるらしい=
2009 秋 韓国 141s



この後、ホテルへ戻り飯食って、空港へ向かい、無事セントレアへ

そして、遠鉄バスで浜松へ戻ったのでした=

OLと行くとこんな感じの旅行になるのね〜

やっぱり自分のペースで旅したいわぁ=と強く思う旅でした(笑)


 先日、ひさしぶりに韓国に行きました。

 今回は、仕事ではなかったので、緩んだ気持ちで飛行機に乗り込みましたが、同行者に、仕事モードの顔をしているといわれました。

 ソウル行きの便に乗ると顔が締まります…
締まった顔を緩ませるため、機内でウィスキー(シーバスリーガル12年)の水割りを飲みしたが、おいしかったのでついついビールと日本酒も頼んでしまいました…
同行者に文句を言われるので、ウィスキー以降はギャレーに行って立ち飲みですませましたが…
いつもの悪い癖が出ました…

 ソウルは、寒いのかと思って冬支度をしていきましたが、名古屋と気温は変わらずすごしやすい陽気でした。
今週末は、真冬並みの寒さのようなので、一週間遅ければさぞ寒い思いをしたでしょう。


 今回は、ソウル市内だけの滞在だったので、中心街の明洞とその周辺で過ごしましたが、清渓川や景福宮なども観光しました。

 以前、景福宮を見ようとした時は、全体が改装工事を行っていたので観光できず、今回は見られて良かったです。ついでに、韓国の大統領府・青瓦台も正門から見学しました。
 話題の清渓川も見られ、ソウルの主要観光ポイントはこれで大体見られたかと思います。

 清渓川から景福宮へ向かう途中、新聞社やオフィスなどが立ち並ぶ日本の大手町のような場所を歩いていると、ビルの壁一面に安重根君の手形が貼ってあり、最初の訪韓から10年以上たちましたがこの国の変わらない反日精神を感じました。


 食事は、代表的な韓国料理を食べましたが、一番おいしかったのは焼肉と光州クッパです。韓国料理の魅力は、食事を頼むと副菜が一緒についてきて副菜はおかわり自由というのがありがたいです。

 どの国に行ってもそうですが、デパートの地下はそこそこの値段で、外れがない。
韓国のロッテデパートの地下食堂は、値段も割りと安い上においしかった。
注文も簡単なのでまた機会があれば、立ち寄りたいです。


 今回は歴史施設の観光だけが目的ではなく、大学時代の知人に会うことと、カジノに行くことです。

 残念ながら大学時代の知人に会うことはできませんでした。知人は、たまたま海外出張が重なってしまったため、それまで忙しかったようでメールの返信をうつ時間もなかったようです。
 後日の連絡でしたが、したがないですね。


 カジノでは、日本に一番近く、古くからあるということで、以前から気になっていました。
 韓国のカジノは、韓国人は入れない外国人専用となっていましたが、客層は日本人と中国人で、日本人はルーレットとブラックジャック、バカラが人気のようで、中国人は大・小とバカラが人気のようでした。

 私は、バカラが好きなのですがバカラは、短時間でお金がなくなるので軍資金の少ない今回は、ルーレットだけにしました。
 ルーレットならば、小額でも楽しめるのですが、今回のルーレットの台は面子が面白かったです。

 ルーレットのテーブルには、6名が座れるのですが、日本人が私と同行者も入れて4名で後は海外在住の韓国人が2名でした。
韓国人のうち、1名は某事件の主犯であった許○●にどこか雰囲気が似ていました。
そのほかの人は、特徴もない普通の観光客でしたが、許氏の賭け方がすごかった…
 
 韓国では、最高額の紙幣が5万W(邦貨価値で4,000円前後)ですので、高額決済には小切手かクレジットカードが使われますが、カジノでは小切手の使用が認められており、許氏は一点掛けばかりを狙っているのですぐに目の前のチップがなくなり、10万Wの小切手を何回か切っていました…

 私が確認しているだけでも、4回は小切手を切っていたので、おそらく許氏は50万W前後負けていたと思います…
1回だけ、一点掛けがあたり36倍になったのですが、それもすぐに使ったみたいで、また小切手を切っていました…
たまに、くる分にはいいけど近場にあると悪所通いと同じでやめられなくなりそうです…
同席の日本人も1ヶ月前に着たばかりだといっていたので、カジノ依存症は怖いですね…
改めて、カジノはおそろしい場所だなと思いました。

ちなみに、私の結果は小額投資で、一応倍になって帰ってきましたので、まずまずの成績でした。
やはり、こういう場所でも欲をかかずに地道にチップを積み上げていくことが重要ですね。

 
 さて、いろいろとありましたが最後に肌で感じた韓国経済について書きます。
韓国は、いま日本よりも若年者の失業が問題となっています。
 
 日本の渋谷にあたる、明洞を歩いていても屋台で食事をする人は多くても、ちょっと高めのレストランでは土曜日の夕食時間帯なのに席が半分程度しか埋まっていない。
食事をしている最中に、待ち行く人に目を向けても買い物袋を持っている人はまばらで、日本と同じで若者の消費不振が深刻なのではないかと感じた。

 また、帰国時に仁川空港で駐機場に目を向けると、複数の大型旅客機が電気もつけずに待機していた。
18時前後の時間帯なので、大型機であれば、これから北米あるいは東南アジアやその他夜行便の準備をはじめるために、タラップをつけるなり、搭乗ゲートの前に移動するなどの動作をとるのだが、その様子もないので、どうやらステイの状態にあるようだ。

 B747やB777などの大型機がステイしている状態をみると、いくら東アジアのハブとなった仁川空港でさえも世界的な不況の波を受け、運行規模の縮小をせざるを得ない状況にあるのだろうと考えました。

 韓国の人口は、4800万人前後ですので、就労者は1400〜1800万人前後でしょう。
資源を持たず、国内市場も小さな国が、輸出産業で1400万人から1800万人の就労者を養いかつ、日本に追いつけ追い越せできました。
人口4800万人を輸出産業で養っていくのは大変なことでしょう。
常に、先を見据えて、手段を選ばずという手法には賛否両論でしょうが、韓国経済がそうせざるを得ない状況なのだなということが今回の旅行でわかりました。


 最後に、今回は観光メインで旅行をしたが、反日という要素を抜けば、韓国がこれだけ楽しい国だったということに驚きを隠せません。
食べ物もおいしく、物価も安く、買い物もしやすい。
そして、日本語も通じる。
日本の女性が韓国旅行を何度も繰り返すのも理解できました。
 
 観光するときは、頭の中身を切り替えて楽しむことだけに徹して旅行をすることを今回学びました。

このページのトップヘ