※以前、UPした記事をバージョンアップして載せます

 日航のビジネスクラスに乗るのは、2009年以来です

 あの年は、リーマンショックがあった年でしたが、奇しくも私がまた日航のビジネスクラスに乗る時になって、株価が暴落しています…

 因果関係があるのでしょうかね?

 2Aなので、すぐに座ることができます。

 いいですね〜

 離陸して、ベルトサインが消えると、すぐに飲み物と軽食が必要かを聞かれ、その後明日の朝食をどうするのかを聞かれました。

 インボラの私は、当然ながら全て食べます。

 飲み物は、山崎と白州のウィスキーをミニボトルで注文。

 カナッペがでて、平らげて映画を見ていましたが、寝付けない…

 おそらく、酒を飲んでいるのと、飛行機に乗っていることなどが原因です…

 こういう時は、シャワーを浴びると寝れるのですが、エミレーツのA380のファーストクラスにでも乗っていなければできません…

 なので、寝付けずウダウダとしていました…

 あまりに寝付けないので、スチュワーデスと色々と話しました。

 話していると、どうも若いスチュワーデスは、エコノミー担当の様子。

 深夜便の場合、交代で番にあたるようで、若いスチュワーデスとしばし会話しましたが、スチュワーデスもかなり激務の様子。

 途中で、ベテランスチュワーデスも会話に加わりましたが、このベテランがなかなかおもしろい。
 
 B747など大型機の話をするのですが、古き良き時代を語る姿に、日航がダメになった理由がなんとなくわかるよう気がしました…

 過去の栄光を話す人に、現状をどうみるかな?と思い、私も思い出話を振りました。

 昔は、東京〜大分などの亜幹線もB767などが飛んでいたのに、いまではB737だからそれだけ、日本経済が小さくなったと思いましたね、などと話すと急に会話は終了。

 う〜む、現実的な話をすると、たちまち拒絶反応を起こすとは…

 日航の古参スチュワーデスは、現状などを構い無しなのでしょうかね?

 八百屋の経営ができない幹部もいれば、現実逃避するスチュワーデス…

 稲森改革でどこまで変わるのでしょうかね…

 ちなみに、フライと自体は問題ありませんでした。

 ただ、ちとシートが古すぎるかなぁ…

 インボラなので、文句は言えないが…
 
 味は、なかなかよかったです