※以前、UPした記事をバージョンアップして載せます

 宿をみつけ、一眠りした後は、バンコク市内をぶらぶらします。

 今回は、訪問国の鉄道事情を観察することも目的のひとつなので、まずはタイ国鉄のバンコク駅へ。

 タイの鉄道は日本とは違い、極めて劣悪です。

 1960年頃の日本の鉄道システムと似ているのではないでしょうか?

 等級は、1〜3まであり、通常は2等と3等だけが付属しています。

 1等は、寝台列車にのみあるようです。

 2等は、リクライニング・回転座席ですが、3等は木製の固定垂直座席です。

 3等車両は、大井川鉄道のSL走行時に使用される旧客車をイメージしてください…

 3等車両以外は、日本で使用済みになった客車を使用しているようで、いたるところに日本語の表示がありました。

 外見も日本の車両で、中も日本の車両。

 レールゲージがほぼ一緒、メンテナンスもしっかりしてあるので、使い勝手が良いのでしょうね。

 14系客車に乗りたいならば、タイに来るのがいいかもしれませんね〜

 また、列車はすべてディーゼル機関車による運行で、機関車と客車の間には、貨物がつながっており、荷物を入れていました。

 これも、1960年代頃に日本でよくみられた傾向です。

 すべてが古い仕組みですが、近代化が進めばいずれは見られなくなる光景でしょうね…

 でも、タイにおける長距離鉄道の近代化ありえるのかな?
DSC04901

DSC04923
タイのディーゼル機関車というとこれがでてくる
DSC04930
こんな最新型もあります
ヨーロッパ製かね?
DSC04910
40年くらい前の車両かね?
DSC04915

DSC04916
サボです
タイ最南端のスンガイクロークまで行きます
15時間くらいかかるのかな?
DSC04909
2等座席車です
エアコンなしだけど、一応リクライニングする
DSC04918
3等車は、この通り
これで、何時間のるのかね?
DSC04908
2等車の寝台車
DSC04906
日本のA寝台みたいな感じだよね
DSC04927
先頭には荷物車がありました
DSC04950
日本からきた中古車両
おそらく、14系客車
DSC04953
B寝台です
DSC04959
個室A寝台もそのまんま
DSC04962
洗面台もある
テレビは映らないだろうけどね・・・
DSC04966
JR西日本のロゴがそのまま
DSC04955
路線は貧弱です
枕木は、日本みたいなPC枕木ではなく、木製です
DSC04988
駅舎です
DSC04991
ISO9000も取得しているとか
ISOを取得する意味あるのか?なぁと思いますね(笑)
DSC04983
いつのまにやら、窓口には液晶テレビやクレジットカードが対応していました
時代の変化ですね(笑)