7d34bf56.jpg KLの空港は、2つのターミナルがあります。

 JALやマレーシア航空などが乗り入れる、KLIAとAiraisaなどLCCが乗り入れる、LCCTです。

 LCCTは、もともと貨物センターだった場所を改造した旅客ターミナルのため、殺風景です。
 
 殺風景なうえに、作りもシンプルです。

 しかし、飲食店などは多々あり、制限区域外にはフードコートが1つとレストランが5店舗以上あります。

 制限区域内にも、食事ができるコーナーと免税店がありなかなか繁盛しています。

 早朝のフライトだったため、店舗の開店準備中だった場所もありましたが、お酒のコーナーなど混んでいます。

 LCCTには、ボーディングブリッジはなく、歩いて搭乗します。

※ターミナルの外にでると、マレーシア航空や日本航空が利用するターミナルが見えますが、距離は離れていません。

 朝の混雑時間帯は、運悪く遠くまで歩かされることになり、飛行機に搭乗するまで500mくらいは歩きました。

 すべて平屋建てなのですが、作業車が行き交う中を歩き、到着。

 名古屋県営空港と同じようシステムですが、駐機場が広く、搭乗時間帯も一緒だと迷う人が続出していました…

 私も、迷いそうになりました…

 なんとか、搭乗し離陸ですが、離陸は至ってスムーズですが、AirAsiaの機体ばかりが目に付くKLの空港でした…