d49788c8.jpg KLは、東南アジアのなかではシンガポールについで都市鉄道が整備されている。

 KLには、モノレールとLRT、郊外&長距離電車が走っている。

 いずれも、KLセントラルに乗り入れている。

 郊外&都市鉄道は、20KVの交流電化のようだ。

 LRTは、ボンバルディア社の3条軌(600V)を採用している。

 不思議なのだが、なぜか各路線ともばらばらに切符を買う必要がある。
 
 同じ、LRTでもA線からB線に乗り換えるには、一度改札を出て、切符を買い直す必要があるのだ。

 不便、極まりない。

 乗り換えがないのだろうか?

 だとすれば、関係ないが、そうでもなければ大変だね…

 う〜む…