アメリカの大統領選では、共和党の候補であるマケイン氏は、副大統領候補に女性でアラスカ州知事のペイリン氏を指名した。

 ABCによると、ペイリン氏は市議会議員から、州議員を経て、アラスカ州知事になり、既婚者で子供が5人いるそうだ。
 州兵のイラク派兵に関して、権力の私用行使の疑惑があるしく、現在捜査中だそうだ。
 
 ペイリン氏起用は、ヒラリー票の獲得を狙っているのはわかるが、あまりに若いペイリン氏の起用によって、マケイン陣営が主張している、オバマ氏の経験不足をオバマ陣営がそのままペイリン氏を攻撃するのではないだろうか?

 これまで有力候補であった、ユダヤ系のリーバーマン氏を起用すれば、共和党内での亀裂はもちろん、イラクからの撤退も延期する可能性があるの。

 ペイリン氏の起用に対する反応はまちまちのようで、今後の選挙戦でどのような展開に注目したい。