その日は朝から夜だった…

こんな、馬鹿な歌が日本にもありますが、本当に今朝は朝からまっくらでした…

なぜかと言うと、それは浜松上空に低気圧があり、激しい雷を伴う雨が朝から降り、窓を開けると夜のような暗さでした。

雷が、本当にまじかに迫っていたらしく、光よりも先に音が鳴り、その音が大地を咲くような音でした。

朝、7時ごろ起きるとこの状況でしたが、40分もすると雷が止み、雨だけでしたが、雷の影響で会社に行くとちょっとした惨事になっていました。

まず、雷の影響で瞬時停電や数秒間の停電が頻発したため、雷サージを防止するためのロック機能が作動した装置の立ち上げ直しから始まり、豪雨の影響であふれた水路の点検と建物の周りの確認…

などなどと色々とすることが多く、大変でした…

一番びっくりだったのが、社用車の窓が開いており、車の運転席側が水びだし…

犯人は私ではないですが、空けたら閉める、これを肝に銘じました…