TURACO、旅と日常を綴る

かつては、アフリカなどに旅行していました 最近はだるいので海外旅行いかず国内旅行がメインになりつつあります

2011年05月

fc463e5b.jpg 日航のA300-600Rが引退ですか…

 JAS時代からよく乗りましたね〜

 学生時代は、羽田→大分間を何度、A300-600Rで往復したことか…

 ただ、当時から設備などは日航と比較しても劣っている印象はありましたがね…

 以下、記事です

 日本航空のエアバスA300―600R型機が最終フライト。羽田空港で日航社員らが見送った。3月の引退予定だったが、東日本大震災で延長されていた=31日午後

5bcdf00c.jpg韓国に行きKTXに乗ったことは以前ふれた。

先日、朝鮮日報の日本語版を読んでいたらKTXの危険性を伝える記事が出ていた。

記事の内容としては、KTX山川の車軸に亀裂が入りやすくなっており、高速走行時の安全性は保証されないというものであった。

KTX山川は、韓国が独自に開発した車両である。

私が乗った車両がこの山川であるが、このKTX山川で事故が起きるのではないかというものだ。

中国の高速鉄道でも安全性に問題があると指摘されているが、韓国でも似たような問題が指摘されている。

KTXを運行する韓国鉄道公社は、KTXはまだ慣らし運転の段階なので、慣らし運転の段階では色々とトラブルはつきものであるという趣旨の反論をしたそうだが、この反論はおそろしい…

時速300km以上の高速走行時に車軸に亀裂が入り、大事故が起きた場合どうなるのだろうか?

福知山線事故の比ではないだろう…

KTXは、車両と車両の間に、車輪があるので、2両が同時に横転する可能性がある。

※写真のような構造となっている

日本では、この構造を採用しているのは、小田急のロマンスカーだけだ。

フランスのTGVがこの方法を採用しているので、KTXもならったようだ。

大事故になる前に、対策が済、何事も無く運転できるとよいのだが…

893c0953.jpg韓国では、安重根は英雄だ。

日韓併合を迫った日本の元勲であった伊藤博文をハルピンで殺害したからである。

安重根がやった行動が現在まで賞賛されるべきか否かについては議論があるが、国が違えば事情が違うので、日韓での議論は意味が無いと思う。

ただ、安重根の記念館がソウルにはあり、このほど新しい建物となった。

場所は、ソウル駅に近い。

※ただし、南山の中腹なので、歩くのには適さない。

今回、はじめて安重根の博物館に行ったが、なんとも不気味な博物館だ。

殺人事件を起こした犯人を犯罪者として糾弾するのではなく、神格化させて祀りあげているのだから。

日本人からすれば、違和感を覚えるだろう。

他国の人が見たらどうだろうか?

安重根が血判書を書いたことにちなんで、血判書を模写できるコーナーもある。

※自分の血を使うかのような疑似体験も可能

また、安重根を国家のために大義を尽くした人物であることをことさらに強調し、日本の元勲を殺害したことの重大性を議論していない。

伊藤博文を殺害したから、韓国が併合されたのか?

殺害しいなかったらどうだったのか?

この点についても議論をしたほうがよいだろうが、韓国の国民性を考えれば、議論の余地はないのだろう。

安重根の記念館は昔から行ってみたかった場所だが、ここにも韓国の国民性が表れていると思った。

※写真は、安重根の銅像と血染めの決意署を模写した

3344658f.jpg モスバーガーが機内限定メニューを出すとはね…

 すごいね…
 
 ビジネスクラスのサイドメニューとしても通用しそうだね〜

 以下、記事です。


 モスフードサービスは30日、ハンバーガー専門店「モスバーガー」の機内食限定商品「AIR MOS BURGER(エアモスバーガー)」を6月1日から、日本航空(JAL)の主要国際線に提供すると発表した。8月末までの期間限定だが、モスバーガーが航空機の機内食に採用されるのは初めてだという。

 「AIR MOS BURGER(エアモスバーガー)」は、1973年の発売以来の定番商品「テリヤキバーガー」をベースに開発。国内では合いびき肉を使用しているが、機内食は100%ビーフを使用。自席でバンズ(パン)にパティ(ハンバーグ)、国産レタスを組み合わせ、テリヤキソースとマヨネーズをかけて仕上げるため、できたて感覚で食べられるのが特徴だ。

 提供する路線は成田発でニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、ロンドン、フランクフルトの各都市に到着する1日計5便で、全エコノミークラスが対象。搭乗時間中の2度目の食事として提供し、総数は約8万食になる見込み。

 モスバーガーは台湾の185店などアジアを中心に計244店を出店している。今後、アジアと平行して欧米への出店を加速させる計画で、今回、国際線での食事の提供を通じ、海外での知名度アップを目指す。

ce0c6992.jpgエミレーツ航空は、中東ドバイを拠点とする航空会社だ。

非常に高品質なサービスを売りにする会社で有名だ。

世界最大の大型旅客機A380を最も保有している会社だ。

この会社のファーストクラスは豪華だという。

好みもあるが、機内は金の装飾が施され、シートも個室だとか。

ファーストクラス専用のバーあり、シャンパンはドンペリだとか…

そして、何よりも驚くのが、シャワーがあり、好きなときに浴びられるらしい。

すごい…

機内でシャワーを浴びられるなんて実現不可能だと思っていが、エミレーツ航空は実現した。

こんなすごいサービスを展開するエミレーツ航空のファーストクラスだが、日本にはA380が着ていないので残念ながら乗れない。

となりの韓国にはA380がきており、乗れる。

しかも、驚きくべきはファーストクラスの料金だ。

ソウルからロンドンまで、700万ウォン。

日本円に換算すると、50万円で利用できてきしまう。

たった50万円で世界一豪華なファーストクラスが利用できるならば、安いような気がしてきた。

なぜ、ファーストクラスだけが割安になっている。

理由はわからないが、大韓航空のファーストクラスも日本人からすれば割安だ。

韓国はファーストクラス料金を安く設定しているのだろうか?

50万円ならば、私でも出せる…

清水の舞台から飛び降りるつもりで利用してみようか…

なお、韓国までは名古屋からエコノミークラスならば4万円以下で行ける。

2時間程度のフライトだから、韓国までは我慢して豪華なファーストクラスに乗るのも悪くはないかもしれない…

4fae9a65.gif知人が独立開業しました。

といっても、FPの個人事務所なので、容易に独立できるのですがね…

独立しても継続するのが大変な業界だね…

以前にも、保険会社の個人事務所を開業したと思うけどね…

利益が出せず、薄給で激務のため体を壊したはずだが…

う〜む、この人はなぜ独立したがるかね…

長いものにまかれて生きたほうが良いと思うけどね…

よくわからんね〜

0ca9ebbe.jpg 幸い死者が出なかったようですが、恐ろしい事故ですね…

 車両故障のようですが、原因はなんでしょうかね…

 以下、記事です。

 北海道占冠(しむかっぷ)村のJR石勝(せきしょう)線・第1ニニウトンネルで特急「スーパーおおぞら14号」(6両編成)が27日に脱線炎上した事故で、JR北海道の一條昌幸鉄道事業本部長らが28日、札幌市の本社で記者会見し、火災を認識したのは特急が緊急停車した2時間後に北海道警からの連絡を受けてからだったことや、乗客に避難指示がなされなかったことを明らかにした。

 また、4両目の車両底部に設置されていた金属製部品が落下し、5両目の脱線につながった可能性を指摘した。

 同社によると、特急をトンネル内で停車させた運転士は、火元が見えなかったことから、指令センターには「火災は発生していない」と報告。このため、同社が火災を認識したのは、北海道警から「火が見える」と連絡を受けた、28日午前0時2分になってからだった。

5aa18223.jpg京阪大津線は、路面区間がある。

といっても、大津市のわずかな区間だが、立派な路面区間だ。

昔、京都三条から蹴上付近までも路面であったが、地下鉄東西線開業にともない、山科まで廃止ししたことにより、路面区間が縮小した。

大津市側に残る路面区間は、直流1500Vの架線が張ってある。

通常の路面電車は、600Vだが、京阪大津線は1500Vだ。

非常に高圧だが、ここだけ例外として許可されている。

※写真は、路面区間を車内から撮影したものです


810f2843.jpg浜大津駅は、京阪電車大津線の終着駅、坂本線の乗り換え駅だ。

主要駅なので、電車の往来は激しい。

坂本方面と京都方面は、路面区間なので、駅をでるとすぐに道路の信号待ちとなる。

ホームから車両が完全にでていないのにね…

浜大津駅は、小さな駅だが、大津市の象徴でもある。

大津に最初に鉄道が来たときに駅ができたのも浜大津駅だ。

浜大津駅が初代大津駅で、大津駅から長浜駅まで汽船で琵琶湖を渡っていた。

その後、東海道線が全通し、大津駅が現在の膳所駅に移り、再度現在の大津駅へと移動した経緯がある。

近年、輸送量の現象で、京阪大津線と坂本線の廃止が叫ばれているが、どうなるかな?

※写真は、坂本方面から浜大津駅に到着する電車です

66e18da4.jpgものすごい雨です…

今日は、朝から雨です。

雨樋から漏れる水の音で朝6時前には目が覚めました。

また、京阪大津線の往来する音も響きます。

路面電車でありながら、力つよい振動があります…

今日は、晴れていれば安土城と観音寺城などを見る予定でしたが、雨で中止。

はやばやと浜松へ帰ることにしました…

あ〜ぁ、やになっちゃうなぁ〜

※写真は、台風接近を伝える天気予報です

1664f510.jpg2次会でゲームをやりました。

ゲームに勝ったので、景品をもらいました。

さて、その景品はAKB48のDVDです。

「逃した魚たち」というタイトルです。

限定版なので、少し稀少性があるのかな?





96339510.jpgCXは、キャセイパシフィック航空の略だ。

香港を拠点にしている老舗の航空会社だが、このキャセイパシフィック航空は遠回りとなるがビジネスクラスが安いので使い方によってはよいかもしれない。

キャセイパシフィック航空の拠点がある、香港を経由するので、東南アジアや中東・南アジア以外は、日本から直行便を利用したさいと比較すると遠回りになる。

しかし、夏場に欧州をビジネスクラスで行くと45万円前後かかるところ、キャセイパシフィック航空だと32万円程度で済んでしまう。

これは安い。

また、北米路線も東海岸だと直行便や米国系・韓国系だと37万円以上かかるが、キャセイパシフィック航空だと27万程度で済む。

香港まで戻るので非常に時間がかかるが、マイルもたまるので、10万円+8,000マイルと思えば得かもしれない。

さすがに、北米路線の利用は進めないが、欧州ならば利用する価値はあるかもしれない。

ビジネスクラスのシートとも日本の航空会社よりも進んでいて、長距離路線ならばフルフラットシートは確実のようだ。

日本のようなライフラットシートではない。

また、香港でも乗り継ぎ時間も2時間以内に設定されている。

食事も定評があるようで、サービスもよい。

また、Oneworldに加盟しているので、JALにもマイルが貯められる。

ビジネスクラスならば、飛行マイル×125%は確実だ。

う〜ん、来年の夏に欧州に行こうかな?

遊びでは2009年の夏に行って以来、行っていない。

イギリスのヨークにある鉄道博物館に行きたい。

パリに移動して、ルーブル美術館とモン・サン・ミシェルにも行きたい。

ヨーロッパでは、この両都市に再び行きたい。

他にも行きたいが、とりあえずロンドンとパリに行きたい。

※ドイツのニュルンベルクとミュンヘンにも行きたい。

ニュルンベルクのドイツ国鉄博物館とミュンヘン近郊にあるノイシュバンシュタイン城はぜひ行きたいものだ。

話は戻すが、CXを利用するのも悪くないね。


b051ea7a.jpg知人の2次会に行きました。

場所は、京都・烏丸御池にある伊右衛門カフェです。

パーティー用にアレンジしてあったので、店内の雰囲気はよくわかりませんでした。

料理はいたって普通です。

酒はサントリーなのに、ウィスキーがない…

う〜む…

でも、2次会は楽しかった。

私は、焼酎を13杯くらい飲んだようです…

正確な数は不明ですが、ともかく飲みました。

新郎新婦が来るのが遅かったので、どんどん飲んでいました。

まわりが呆れていたようですが…

9bed19a9.jpg今日は、京阪大津線がすぐ近くを通る場所に泊まります。

東横イン大津です。

すぐそばを、大津線の路面部分が走っているはずです。

直流1500Vの架線が張られている路面区間は全国でここだけです。

行きは京阪にのる予定はないけども、帰りは乗るかな?

4aec6023.jpg今のところ、めだった大規模な渋滞はないようだ。

また、予想された土砂降りの雨も明日以降にずれたようだ。

ただ、集合時間を遅らせることにした。

さて、1時間遅らせる効果のほどは?

※写真は、本日の道路事情です
伊勢湾岸道路と東名阪自動車道の一部で渋滞が発生
また、名神高速道路は草津から京都間で渋滞

44ee6971.jpg明日は、京都に行きますが、会場は伊右衛門カフェだそうです。

伊右衛門カフェは、サントリーの経営です。

緑茶で、伊右衛門というのがありますが、これはサントリーが持っているブランドなのですか…

知らなかった。

サントリーは、ウィスキー事業も熱心で、スコットランドのボウモア蒸留所も保有しています。

私がよくいく、プロントもサントリーだし。

う〜ん、サントリー恐るべし

伊右衛門の感想はまた書きます。


0abdf860.jpgただいま、家に帰りました。

帰っても、誰も居ない家だが、なれるとこれはこれで快適。

さて、明日は朝11時頃には家をでないと行けないな。

雨は小康事態がだ、夜明け頃から10時頃まではどしゃぶりのようだ。

その後は、一時的に小康事態となり、夜にかけて再び土砂降りになりそうだ。

京都の夜は、本降りだ。

夜もそうそうに切り上げるかなぁ…

雨だと、飲むのも嫌だよね〜

※この時は、大学OB会で仲の良い二人の2次会に参加するために、京都に行きました



288bde81.bmpLCCT近くには宿が1件だけあると書いたが、名前はTunes Hotelという。

値段は、表示値は100リンギットなので、2,600円程度だ。

ただ、ここの例によってエアアジア流の商売なので、オプションをつけると値段が上がっていく。

まず、エアコン利用料金が取られる。

※12時間で20リンギット

そして、タオルやトイレットペーパーも追加料金が必要だ。

なぜか、保険も付けることになる。

トータルすると、170リンギットと表示されたので、合計で4,600円程度だ。

むろん、朝食は付けていないので、朝食をつければさらに料金は上がる。

さすがに、ホットシャワーは無料で利用できるようだが、ここまで笑えるホテルは珍しいと思う。

ちなみに、ホテルの部屋も狭く、東横インの部屋を幾分狭くしたような間隔のようだ。

朝4時のバスを乗るために、3時に起きるのが良いか。

4,600円が適当かどうか不透明だが、ユニークなホテルにとまるか、5時に起きるのが良いか。

おそらく、後者を選択するだろう…

とまったら、感想を書ききます。

これはこれで、おもしろそうだ…

29511155.jpgいまから、静岡に帰ります。

さて、この時間ならば新幹線もすいているでしょう〜

いくら、金曜日でもひかりは空いているはず。

明日の天気が心配だ〜

5468519a.jpgなんと、JALがボストン直行便を来年4月に開設するそうです…

ボストンは、NYから小型ジェットで1時間ちょっとです。

日本人の割と住んでいるようですが、日本とボストンの間には直行便はありませんでした…

シカゴやNYと違って、ボストンから先の客が少ないことも要因でしょう。

※ダラスやシカゴなどの便は、全米各地への乗り継ぎ利用客が多い

ボストンへは、B787を使用するようです。

3年遅れで納入されるボーイングの最新の旅客機です。

予定通りに納入されれよいが…

17038ecb.jpgコンコルドに乗ったことはありません。

コンコルドが飛んでいる姿を見たこともありません。

ですが、コンコルドが駐機しているところをJFKで見たことがあります。

コンコルドを展示している博物館に行ったこともあります。

ただし、なかに入ったことはありません。

なので、ぜひ一度はコンコルドのなかに入ってみたい。

どこが、一番行きやすいか…

NYにイントレピッド博物館があります。

ここでは、BAのコンコルドを展示してあり、中にはいれます。

NYにいけば、コンコルドのなかに入れる、これはぜひ行かないと。

※イントレピッド博物館は、退役空母を博物館に改造したユニークな博物館ですので、こちらも興味あり

さて、NYにいついくかだ…

2012年中に一度は、NYにいく計画をたてよう!!

※写真は、エールフランスのコンコルドです
コンコルドというなぜか、エールフランスのコンコルドを想像します
BAの印象は薄い…


ae023039.jpg会社にいないので、毎日コンビニ弁当です。

さて、今日からセブンイレブンでは700円以上買った人には、くじが引けるというキャンペーンを行っています。

今日のご飯を買ったら、くじを1回引けました。

くじはあたりで、雪印のチーズをもらいました。

800円そこそこしか買っていないのに、200円くらいのチーズをもらってしまいました。

それにしても、コンビニは大変ですね…

いまはキャンペーンでパンが20円引きだし、さらにくじびきもやっている。

顧客獲得に熱心なようですが、キャンペーン分の原資は店舗負担なのでしょうか…

そう思うと、ちと気の毒になります…

チーズは、帰りの新幹線のおつまみですね〜

早く帰りたい…


0d2c0a8a.jpg関西ネタをもう1件。

浜松在住で関東出身なので、関空は馴染みが薄い…

関空を利用して、海外に行ったのは1度だけだ。

まだ、エミレーツが成田やセントレアにもきていないころに利用した。

国内線でも、2回くらいは利用したかなぁ…と数える程度だ。

関空は、滑走路が2本ある。

沖合に追加工事で完成した滑走路の誕生によって、関空から米国東海岸まで直行便を飛ばせるようになったと言っていたなぁ…

完成してから、ずっと東海岸直行便はなかったが、このほど直行便が誕生したらしい。

台湾のチャイナエアラインがNYのJFKまで飛ばしているようだ。

たしかこの、平行滑走路をめぐって、当時の大蔵省と運輸省・建設省が激しく対立していたなぁ…

大蔵大臣をしていた、故宮沢喜一元首相が黒字化をさせることを条件に建設許可した記憶があるな…

※関空というと、亀井静香議員が権益をがっちり握っているようだが…

2009年度の決算では、国の補助金を入れれば黒字化しているようだ。

空港も独立採算の時代ですから、がんばってくださいなぁ〜


d18f834b.jpgGWに開業した大阪ステーションシティー。

建設現場は何度となく見ているが、開業してからまだ行っていない。

静岡に住んでいれば当然だが、一度は行ってみたい。

迷路のような構造をしているような気がするが…

大阪の地下街は迷路のようにぐるぐるまわらせるので、わからなくなる…

大阪出張の予定を入れないとなぁ〜


a0fb615c.jpgグーグルで電磁波測定関連の記事を調べていたら、すごいことがわかりました。

なんと、航空機の電磁波も測定しないといけないようです…

航空機が電波暗室にはいるのか?と思ってしまいましたが、写真を見つけました。

すっぽりと航空が電波暗室に入っています。

輸送機のようですが、それでもB767クラスはあるでしょう…

横幅だけで、50mはあるでしょうから、縦幅は70m以上?

これだけの航空機を入れられる設備があることにも驚きます…

部屋の大きさはいったいいくつ?

いま、私がいる商用サイトの何倍あるの?

最大負荷を出す方法はどうするのでしょうか?

エンジンをフル出力にできるのか?

う〜む、考えれば考えるほど、疑問が増えます…

7cbd41cf.jpgここ数日、頻繁にブログを更新しています。

実は、会社にいないのです。

今週は、ずっと会社の外にある試験所で仕事をしています。

電波暗室という設備を利用して、測定を行っているのです。

ここでは、製品から漏れでてくる電磁波の測定を行えます。

また、製品に対して電磁波を与える試験もできます。

今週は、たまたまこちらで試験していますが、来週からは通常勤務に戻ります。

こんな設備が会社にあればよいのですが、残念ながら…

でも、会社にないほうが測定のために出張できるからうれしいかも…

さて、今日はもう少ししたら帰るけど、新幹線がすいていると嬉しいのだが…

小田原・熱海付近まで立っているのは辛いので、座りたいなぁ〜


0e1c0abd.jpg昨日の朝ですが、パソコンを足の上に落とした。

ものすごくいたかった…

息ができなかった…

幸い、パソコンは壊れなかったが…

3kgしかないパソコンだけど、落下するとこんなにも痛いのか…と思った。

本日もまだ、落とした部分が痛い…

今度から、絶対に気をつけよう…

0736fabc.jpg明日の結婚式に、どのカメラを持って行こうか悩んでいます…

ニコンのD300にするか?

それとも、ソニーのWX-7にするか…

D300にすると、重たいしなぁ…

でも、暗いところの撮影ならば、D300の方が圧倒的に良いのだけど…

う〜む、雨だし面倒なので、WX-7にしますかね…

WX-7を買ってから、D300を使う機会がどんどん減っていく…

D300を最後に使ったのはいつだっけか?

6a751be6.jpg梅雨入りだ…

明日から、出かけるのに最悪のタイミングだ…

よりによって、今日梅雨入りするとはね…

あ〜ぁ、やになっちゃうなぁ〜

以下、記事です。

 気象庁は27日、関東甲信と東海地方が梅雨入りしたとみられると発表した。両地方とも平年より12日、昨年より17日、それぞれ早い。1951年の統計開始以降、関東甲信は2番目、東海は3位タイの早さだった

 気象庁によると、日本列島の南には前線があり、27日は西日本から関東甲信の広い範囲で曇りや雨となっている。ぐずついた天気は来週にかけ続く見込み。

39497e25.jpg以前、航空会社のアライアンスについて書いた。

ANAが加盟するスターアライアンスに新たに加盟するメンバーが発表になった。

エアインディアとエチオピア航空だ。

エアインディアは以前から加盟が確実視されていたが、エチオピア航空は意外だった…

エチオピア航空ね…

アフリカでは、人口が2番目に多いが、世界最貧国の1国だ…

その世界最貧国の1国の航空会社がスターアライアンスに加盟するとは…

安心して乗れるの?と疑問に思う…

※大学時代にエチオピアからの留学生が知り合いにいるが、彼も信頼できない…

エジプト航空やエアインディアに対しても同様に疑問を持っているだが…

途上国の航空会社はいまいち信用できない…

偏見だがね…

やはり信頼できる航空会社に乗りたいね…


23eeb46d.jpg ようやく、B787が全日空に受け渡すめどが付いたようです…

 当初は、2008年の北京五輪までに渡される予定だったのだが…

 あれから、3年が経ちあと1年でロンドン五輪です…

 さてさて、B787が日航に渡されるのはいつの日か…

 そして、私が乗るのはいつの日か…

 以下、記事です

 全日本空輸の伊東信一郎社長は26日記者会見し、米ボーイングの最新鋭中型旅客機「787」型機について、初便は国内線で「9〜10月の運航開始を目指す」方針を明らかにした。全日空は世界で最初に787型機が納入される航空会社で、同機の就航は世界初。当初予定からは3年以上ずれ込んだ。

49f7a49d.jpg日本でも出入国管理自動化ゲートがある。

羽田・成田・名古屋・関空にある。

利用には、事前の登録が必要なのだが、私はこの登録をまだしていない。

※パスポートのコピーと指紋採取

先日、羽田を利用した際に登録しようとしたが、出国直前の登録はできないと言われた…

どうやら、制限区域外に受付があるらしく、できなかったのだ…

成田では、出国審査場で受付できるので、勘違いしていた…

まだ機会はあると思い、登録していないのだが、登録する必要があるだろうか?

出国審査場付近は、大抵が手荷物検査場で混雑するので、手荷物検査場を抜けるとばらけるので、よほど混雑していなければイライラするほど待つわけでない。

手荷物検査場の優先レーンは成田空港にあるので、こちらを利用すればよい。

羽田空港やセントレアには優先レーンそのものがない…

自動化ゲートを利用すると、スタンプがもらえなくなる…

つい最近までは、スタンプなどいらないと思っていが、また海外旅行熱が高まるに連れて、スタンプ収集熱が高まっている…

そう思うと、登録しないほうがよいよなぁ〜

c5818fb9.gif伊勢湾岸道路と新名神高速道路ができたことによって、豊田市から草津市までの間が20分程度だが、時間短縮が可能になった。

ただ、これはすいていた場合の話であって、この新ルートは渋滞に巻き込まれるリスクが非常に高い。

伊勢湾岸道路と新名神高速道路の間は、東名阪自動車道を利用する。

四日市から亀山付近までがアップダウンが多々あり、SAも1箇所しかないせいで週末などは常に渋滞する。

きまって、御在所のSA付近で上下線とも渋滞する…

明日は、雨なので渋滞は少ないかのしれないが、ここを通るのは嫌だ…

でも、新ルートを利用したいので通らざるをえないが…

一応、5年後くらいに伊勢湾岸道路と新名神高速道路の間にもう一つ高速道路を付く予定のようだが、いつのことやら…



36bd961d.jpg明日はでかけます。

京都に行きます。

知人の結婚式があるのですが、明日は雨のようです…

それも、昼頃から夜にかけて土砂降りだとか…

車でいく予定なので、心配です。

明日は、浜松から伊勢湾岸道路、新名神高速道路を利用して行く予定なのです。

新名神高速道路はこれまで通ったことがないので初めてです。

雨が小雨だと嬉しいのだが…





63c58a44.jpg日本でもFacebookが本格的に流行りそうだと書いている記事をよく見る。

私自身もFacebookに登録し、はや半年が経つ。

一応、友達登録や検索をかけて100名を越す人々つながった。

大学時代に日本に留学していた知人たちともつがなったりして、それはそれで懐かしい。

ただ、それ以降の発展がない。

よく、「いいね!!」という文字を押す人がいる。

英語ならば、Fineだったか…

これを押して、友情を確認しあうのだろうか?

むかしのワン切りを連想させる…

なんだか、寂しいような気がするのは私だけだろうか…

あくまでもバーチャルのつながりであって、現実的なつながりではない…

Facebookも7年くらい前に流行したMixiやGreeと変わらないのでは?と思っている。

もっとも、人によってはこれでよいという人もいるので一概には言えないが…

Facebookは今後、どのような形で発展するのだろうか?

597ccb26.jpgKLIAは、マレーシアの首都KLの空港だが、私が利用する予定のエアアジアはKLIAのLCCTに行かなければならないようだ。

LCCTは、Low Cost Carrier Terminalの略で、格安航空会社のために貨物施設を改造したターミナルビルだ。

空港施設使用料を下げるための手段だそうで、日本でも成田空港がLCC誘致のためにLCCTの建設を計画しているそうだ。

LCCTは、KLIAのメインターミナルから離れており、バスで30分以上かかるそうだ。

また、LCCTにはKLセントラルからメインターミナルに乗り入れている鉄道は利用できず、メインターミナルで乗り換える必要があるので、時間がかかり非常に非効率のようだ。

LCCTから市内へは、バスが運行しており、こちらを利用する便利なようだ。

ただ、私のフライトは非常に早く朝7時発だ。

朝7時のフライトに乗るためには、空港には5時30分頃には着いている必要があるが、このためには市内を4時頃には出発する必要がある。

ものすごく早起きをする必要があるので、空港近くに泊まる予定だ。

ただ、この空港近くが曲者で、メインターミナルの近くには宿はある程度あるようだが、LCCTのまわりには1件しかない。

その1件は、エアアジアが経営しているそうだ。

この宿の詳細は、別途書くが、エアアジア同様に素晴らしい宿のようだ…

※写真は、シンガポールの空港です。
KLIAとは関係ないけど、似たような場所でしょうね。

09e9f145.jpgバンコクの到着した翌日には、マレーシアの首都KLに行く予定だ。

いまになってみれば、バンコクINにしなければよかったと思っている…

KLへ、マレーシア航空の航空券を予約した。

マレーシア航空はエアアジアに対抗して、同じ値段でチケットを販売している。

諸経費込みで7,000円。

2時間のフライトが7,000円ならば安いだろう。

KLには、2泊する予定だ。

KLは、行ったことがないので、ペトロナスツインタワーなどを見る予定だ。

しかし、KL自体はそこまで魅力ある都市ではない。

KLタワーと日系百貨店などが入っているショッピングモールを訪れるくらいだろうか…

翌日は、マラッカに行く予定だ。

マラッカ海峡で有名なマラッカ。

沢木耕太郎の小説、深夜特急でも主人公がマラッカの夕日を見るためにマラッカ行きのタクシーを急がせるシーンがあった。

夕日には興味はありませんが、マラッカがどんな街なのか昔から興味があるので、行ってみることにした。

おそらく、マカオのような雰囲気なのかと考えているが、どうだろうか?

KLのあとは、ジョグジャカルタだが、これはもうすでにボロブドゥール遺跡をメインに観光する予定だと書いたので、書かないが楽しみだ。

※写真は、シンガポールとマレーシアの国境付近です。

9e72f2a5.jpg以前から、東南アジアに行くと書いているが、具体的な計画がまとまったのでブログでも書くことにする。

まず、羽田空港からバンコクへ深夜便で移動する。

成田からだと昼か夜の便しかないが、羽田からの便を利用すると現地滞在時間が増えるので、羽田からの便を選択した。

バンコクには、早朝に到着するので、カオサンのゲストハウスを行って、まずは仮眠をしてからバンコク市内にいく予定だ。

バンコクは何度も行っているので、観光する予定はありません。

ただ、バンコクの街がどのようにかわったのか?瓶コーラの値段はいまだに7バーツか?などをみて、タイの変化を体感する予定です。

※写真は、バンコクの市街地です。

9c41289e.jpg北陸新幹線が金沢まで開通すると長野新幹線の名称はなくなるの?

そんな声が増えているようです…

利用する機会が殆ど無いであろう私にとっては重要な問題ではありませんが、名称が変わると長野地域から反発が強そうですね…

いっそ、長野までを長野新幹線といい、長野以北金沢までを北陸新幹線という名称にしたらどうでしょうか?

あるいは、長野までを愛称で長野新幹線と名付けるとか…

※JR東北線が上野〜宇都宮までを宇都宮線と行っているように


 14年度末までに長野−金沢間が開業予定の北陸新幹線(総延長・東京−大阪)の県内沿線31市町村でつくる県沿線広域市町村連絡協議会の総会が24日、長野市内であった。現在の長野新幹線(東京−長野)が北陸新幹線につながり、路線の一部になった後も、名称に「長野」を残すよう関係機関に働きかけていくことを決めた。8月に予定する国などへの要望活動の中で具体的に訴えていく方針。

 同連絡協議会は同日、今年度の定期総会を開催し、今年度の事業計画を採択した。計画に盛り込んだ8項目の要望事項に「北陸新幹線の呼称に、今までの『長野新幹線』の名称が定着していることから『長野』を入れた呼称とするように」との文言を入れた。同協議会長の鷲沢正一・長野市長は「北陸新幹線の延伸で長野が中抜きされないよう、定着している『長野新幹線』の『長野』を残したい」と意欲を述べた。

 北陸新幹線の名称を巡っては09年3月に県商工会議所連合会がJR東日本に対し「長野北陸新幹線」の呼称にするよう要望するなどの動きがあるが、北陸地方では反発する動きもある。「長野新幹線」は便宜的な呼び名で、正式名称は「北陸新幹線」。延伸工事が完成するまでは長野駅が終点のため、98年10月から「長野新幹線」が使われている

dcdad57e.jpgV字回復期待が萎みつつある。

V字回復など不可能だと思っていたので、当然といえば当然の結果だ。

V字回復が期待できない理由は、以下のとおりだと思う。

・電力不足
・電力不足からくる生産への影響
・政争の激化と民主党へも疑問
・菅政権への不信感
・原発処理と放射能問題
・震災特需の終了による消費不況の再開

以上の理由があり、なかなか日本経済は回復しないと思う。

海外でも、米国政府の財政懸念や欧州ソブリンリスクの増大、IMF専務理事の騒動などがあり、ごたごたしている。

もっとも、海外は新興国が堅調なのでそこまで心配するほどではない。

日本国内は、消費不況が再び始まろうとしている。

震災で、国内経済の雲行きがあやしくなったので、生活必需品以外の買い控えが進む可能性で出てきた。

嗜好品の売上がどうなるのかに注目している。

当面(6月末)、日経平均株価は9,000円割れを試す展開となるだろう。

再び、上値トライとなれば、5月2日の10,004円が意識されるがこれはまださきのことだろう…

夏枯れ相場を経て、株式市場が下値を試すようだと、震災後の2番底を探る展開となるだろう。

政府や日銀による次の手に注目が集まるが、政権がごたごたしているのではこれも期待薄か…





4e697202.jpg台北空港には、JALのラウンジもあるが、CXラウンジもある。

JALのラウンジは時間帯によっては激混みとなるため、おすすめではないそうだ。

そのかわり、CXラウンジが空いていて、かつ食事も種類も豊富で良いそうだ。

ただし、欠点があって同じ台北空港でもターミナルが違うので、ターミナル1と2を移動しないといけないそうだ…

時間に余裕を持って、CXラウンジに行ってみようかなぁ〜

その前に、台北出張を作らないと…






0cf05bdb.jpg羽田空港に自販機があっても不思議ではありません。

でも、国際線の制限エリア内に自販機があったらどうでしょうか?

自販機も当然ありますが、気になるのは免税かいなか。

答えは、免税なのでしょうが、なぜか国内の課税価格と変わりません…

なぜでしょうか?

120円の缶ジュースは非課税あつかいならば、110円にしてもよいのでは?と思っています…

海外に行く人ならば、10円くらいでケチケチしない!!という考えのもとで120円?

あるいは、観光地や特定の場所なのだから、150円や200円にしてもよいところをあえて120円に抑えている?

色々と勘ぐってしまいますが、羽田空港の制限エリア内の自販機が120円なのはしばらく変わらないようです…

また、どうでもよいことをうだうだと書いてしまった…

6a5a3503.jpg航空会社の上級会員になると提携先の航空会社のラウンジも利用出来るようになる。

航空会社の方針によりラウンジがかなり違うことが分かってきたので、これからは訪れる国のいろいろな空港ラウンジを入れる場所は入ってみるのもよいかと思った。

例えば、バンコクではJALとCXのラウンジがある。

いずれも、Oneworldメンバーなので私は入れる。

カンタスやBAなどはCXと提携しているので、自社ラウンジはない。

また、CXの本拠地である香港にはQFやBAが自社ラウンジを構えておりOneworldの3社ラウンジがあるので、これも行ってみたい。

もちろん、本拠地あるCXラウンジが一番贅沢なのはわかっているが、QFのラウンジもよいという話を聞いた。

これら一連の行動をラウンジ行脚というそうだが、私もしばらくラウンジ行脚してみようかと思う〜

※写真は、羽田空港のクレジットカード会社ラウンジ

8947e1d4.jpgタイトルにあるマイル・ホテル修行は、好きな航空会社やホテルに泊まってひたすらマイルやポイントを稼いで上級会員を目指す行動をいう。

航空会社の場合、自社および提携先の航空会社を特定の運賃で年間3万マイル以上飛ぶと最初のステータスがもらえ、次に5万マイル以上1年間で飛ぶと永久会員になる。

JALの場合、JGCが永久会員になるのだが、このJGCを目指してただひたすら飛行機に乗る人もいるとか…

有名な路線では、大阪→但馬空港間を1日2往復してマイルと飛行回数を稼いだりするそうだ…

すごい人々がいるのだと感心してしまう…

ホテル修行も同様で、対象料金を払いホテルにひたすら泊まるとか…

究極の自己満足であり、お金のかかる趣味ですね…

でも、いい想い出づくりにはもってこいですね…

ただ、使い過ぎなどで破産しないようにしてください…

※写真は、上級会員になれるとエコノミーでも入れるJALのサクララウンジです。

8dd80661.jpgカメラをなくし、買い替えたことは以前このブログでも報告しました。

新しく買ったソニーのWX-7はなかなかよいです。

夜景もきれいに取れます。

名古屋・栄の観覧車の写真です。

コンパクトデジタルのわりには、きれいに撮れています。

※手ぶれ補正モードは作動していますが、三脚などは使用していません
また、モードはおかませモードです。

a499bbbe.jpgANAの格安航空会社の全容が徐々に明らかになりつつあります。

関空も大阪府も歓迎の様子です。

今後の展開が楽しみです。

以下、記事です。


 全日本空輸などが設立し関西国際空港を本拠とするLCC(格安航空会社)「A&Fアビエーション」の井上慎一社長は24日、大阪市北区のハービスホールで記者会見し、同社のブランド名を桃の英語名である「Peach(ピーチ)」とすると発表した。ブランド名は機体などに使用する。また同日付で社名を「ピーチ・アビエーション」に変更。本社も東京都港区から関空がある大阪府田尻町に移転した。

 ブランド名は社内から出された500候補から選んだ。Peachはアジア発祥の果物で若々しさや幸せなどの前向きな言葉を連想させ、ブランド名にふさわしいと判断した。尾翼にはブランド名と、深い赤と桃色の中間色である「フーシア色」をあしらい、斬新なデザインとした。

 井上慎一社長は「関西には観光やグルメなど魅力あるポイントがたくさんある。関西の文化を発信することで、気軽に利用してもらえる移動手段の会社にしたい」と意気込みを語った。

 また同日、関西国際空港の福島伸一社長も会見し、LCC専用ターミナルの概要を発表した。1、2期両地区の間にある連絡誘導路付近に、延べ床面積3万平方メートルの平屋建てのターミナルを今秋に着工する。来年下期の完成を目指す。免税店や飲食・物販店も設ける。ボーディングブリッジ(人動橋)をなくすなど設備を簡素化した。福島社長は「LCC誘致を進めて、関空の事業価値向上につなげたい」と話した。

ジョグジャカルタは、インドネシア・ジャワ島の中部に位置する街だ。

古い都市だが、アジア3大遺跡のボロブドゥール遺跡がある街で知られる。

昔からこのボロブドゥール遺跡に行ってみたかったので、ジョグジャカルタ行きを決意した。

これまでインドネシアに行く機会はなかった。

ビザも有料となり、空港で取得できるそうだが、USドルで25ドルもするそうだ。

25ドルは、80円換算であれば、2,000円と安いが、大概の外国人が対象となり、租税獲得を意図したビザだといわれている。

現地は、ゆるい規則とゆるい雰囲気だと思うので、私も現地の雰囲気にあわせて行動してくる予定だ。

ボロブドゥール遺跡をみて、後はぶらぶらしながら、インドネシアの流通事情を調べますかね〜

ec57f6d2.jpgエアアジアがものすごいセールスを仕掛けてきました。

なんと、日本からジャカルタやバリまで片道15,000円です。

税金などは別途かかりますが、運賃だけで15,000円前後です…

すごい…

ただし、よく読むと旅行期間は2012年夏となっています。

つまり、1年後の旅行の予約を今から入れらというものです…

購入期間は、2011年6月末までですから、ものすごいリスクがありますね…

スケジュールの都合で乗れないリスクや、会社の倒産などで乗れなくなるリスクなどなど…

非常に気になるのが、このような破格の値段でセールスを打ってくるエアアジアのキャッシュフローは大丈夫なのでしょうか?

倒産するリスクが非常に大きいのかな?と思ってしまいますね…

1年先の旅行を安くするために、いまから予約するのがいいかどうかは個々の判断ですが、私は買う気にはなりません…

ドラマをみたのはいつだろうか?

と、思うくらいドラマをずっと見ていない。

もともとドラマを熱心にみるようなタイプではないこともあってか、最後に見たドラマは2009年頃に放送された不毛地帯だったと思う。

その前は、華麗なる一族だったか…

映画もひさしく見ていないが、単純なストーリー作品が多いので性格的に向いていないのだと思う。

不毛地帯や華麗なる一族は、山口豊子著のドロドロとした内容で、彼女の本をよく読むので、その延長でドラマも見た。

2年近くドラマを観ていない私だったが、久しぶりにドラマを見ている。

火曜日の午後9時から放送している名前を亡くした女神たちというドラマだ。

このドラマは、小学校受験を目指す母親たちのドロドロ劇を表したものだが、非常に面白い。

様々な問題が起き、見ていてドキドキする。

次に何が起きるのか?

そして、これでもかというくらいの不幸が母親たちを襲い、それらが原因となって母親どうしがいじめあう。

かつて、これほど惹きつけられるドラマがあっただろうか…

山口豊子の小説を読んでいるときのような感覚をえられる。

今日は火曜日、ドラマの日だ。

どんな展開になるのか、楽しみだ…

00860982.jpg以前、KLからジョグジャカルタ行きのエアアジアの航空券を買った話をしたが、その続きを書く。

エアアジアは、東南アジアを代表するLCCだ。

LCC=Low Cost Carrier略で、格安航空会社のことだ。

この会社は、すべてにおいて徹底したコスト削減を行っているようだ。

空港では、ボーディングブリッジを使わないそうだ。

通常であれば、ボーディングブリッジを利用して空港のターミナルビルから飛行機に乗り込むが、それだとお金がかかるので、ボーディングブリッジを避けて、徒歩で移動してタラップで飛行機に乗り込むそうだ。

また、機内サービスはすべて省略されている。

エチケット袋と機内の安全のしおり程度はあるようだが、機内誌はない。

機内食や水もすべて有料とのことだ。

水でさえも有料とはおどろきだ。

食事は、事前に購入すると割引が効くようで、航空券購入の際に勧めてくる。

なかなかおもしろそうな航空会社だ。

機内預け荷物も5kg単位で課金され、航空保険も任意で選べる。

保険まで任意ときくと、どこまで信頼してよいのか?と思ってしまうが、LCCで勝ち残るためにはこれくらいの努力が求められるのだろう。

事前座席指定も可能だが、こちらも当然ながら有料だ。

非常席付近は、広いので1千円程度の必要だが、あとは100円程度の指定料金で予約できる。

以前は、早い者勝ちであったため、機内に向かう人で殺到したそうだ…

KLからジョグジャカルタまでは、2時間30分のフライトだ。

日本だったら、沖縄まで飛べる距離だ。

スカイマークで飛んでも片道1万5千円程度はかかるが、エアアジアだと往復17,000円で済んでしまう。

発着料の差や人件費などを考慮すれば、日本のスカイマークと変わらないのかもしれない。

あれこれ考えると、不安にもなるが、せっかくなので利用してみる。

無事に帰って来られるかな…

※写真は、欧州のLCCであるeasy jetです。
エアアジアの写真はありません。



このページのトップヘ