TURACO、旅と日常を綴る

かつては、アフリカなどに旅行していました 最近はだるいので海外旅行いかず国内旅行がメインになりつつあります

2008年04月

暫定税率が5月1日を目処に復活するようだ。

5月1日頃を境に、現在よりレギュラーで30円近く値上げするとあって、今日明日はどこのガススタンドもフル回転の様子で、私が今日行ったショッピングセンターのガススタンドも混雑しており、普段ならば給油待ちの来るが5台ならぶかどうかなのに、今日は30台近い車が給油待ちをしていた。

驚いた…

さて、太平洋を隔てたアメリカでも、ガソリン価格とガソリン税をめぐって、大統領候補が争っており、夏の時期だけガソリン税を減額ないし、免除しようとヒラリー・クリントン氏とマケイン氏が発言しているようだ。(NYタイムズ参照)
http://www.nytimes.com/2008/04/29/us/politics/29campaign.html?_r=1&hp&oref=slogin

一方、オバマ氏は慎重な立場をとっている様子だ。

この他にも、NYタイムズはガソリン価格が現在の倍になることを示唆している。
http://www.nytimes.com/2008/04/29/business/worldbusiness/29oil.html?_r=1&hp&oref=slogin

また、ロイターによればOPECは当面の間は増産する可能性を依然として否定しており、OPECの議長がWTIでの取引価格が1バレル=200ドルを突破する可能性を示唆するなど、今後も原油価格やガソリンの小売価格が確実に上昇する可能性があることを実感させる記事が最近はちらほらと目につく。

サブプライム問題がひと段落して、NYダウも12,800ドル台を回復し、日経225も138,000円の上値抵抗線を抜け、14,000円を抜けるかどうかの可能性がでてきた時期だが、今後は石油問題を中心に世界経済の動向が左右されそうだ。

今後、石油価格が上昇し続ければ、歴史的な上昇となり、第3次オイルショックと言われる可能性が高くなり、世界経済の成長率が3年間程度は減速ないし、影響することが予想される。

原油価格が上がる要因はいくつかあるが、米ドルの急落も大きい。
最近は、ドルが下落すると原油をはじめとする商品先物市場の価格が大幅に上がる構造となっている。
早く、米ドルが信用を回復しないと、さらにインフレに拍車がかかり、スタグフレーションがより深刻となる。

もっとも、日本は世界的に見てもこの15年間は物価の上昇がほとんどなかったので、ぼちぼち物価が上がってもおかしくないし、いくら円高ドル安といっても、実質実効為替レートではまだまだ円安だ。
石炭や鉄鉱石の値段も上がっていますので、近い将来、缶ジュースが1缶120円から130円、140円、150円になっても不思議ではないです。
もっとも、缶ジュースの原価は、タレントのCM料と缶代がかなりのウェートを占めていますから、タレントのCM料を減らせば、価格の維持は可能かもしれませんが。

円高はちょっとしたことでも株価を下げる要因になるし、いくら円高といっても原油が上がっていれば、海外旅行にいくさいに、燃料サーチャーズなどで結局はより多くのお金を取られるので、最終的には今回のような円高は旅行者にとってはマイナスだと思います…

ちなみに、ナイジェリアでのエクソンの操業停止が引き金となって、WTIでの取引か悪が1バレル=120ドルを突破するのは確実でしょうね…
ソマリア沖を航行していた日本郵船のタンカーが被弾しただけでも、簡単に上昇するナーバスなWTI原油市場ですからね…

年末までには日本も1リットル=200円かな?
このまま、OPECの大幅な増産などの世間があっという情報が流れない限りは、それもありえるかもしれません。

今後の原油市場に目が離せません…

長野の聖火リレーで、チベットの独立を支持する群衆と、それに反発した中国人留学生を中心とする群衆がもみ合った様子だが、チベットの独立を支持する群衆を構成する人々は、本当にチベット問題に対してこれまで危機感をもって対応していた人々なのだろうか?

私は、チベット独立を支持する団体側に参加した人々は、喧嘩神輿に外野から罵声を浴びせ参加している人々と一緒なのではないのか?という印象を持っている。

群衆の多くは、おそらく中国が嫌いという共通点はあるが、チベットという問題を重要視している人々はあの群衆の中にそんなにいないのではないだろうか?

また、相対する群衆も独立を支持する群衆の数が多いから、それに触発された在日本の中国人が全国から長野に集結して罵声を浴びせ、もみ合い、一部では流血騒ぎになったのでは?と思う。

平和の祭典と言われている、五輪だから平穏無事に終わってほしいのはどこの国の国民も一緒だと思う。

今後の五輪がどうなるのか心配です…


来週に、FOMCが開催されたFF金利がさらに0.25%下げるのが予想されている。
当初は、0.5%の予定だったが、アメリカの大手金融機関の1−3月期の決算が好調だったので、当初よりも引き下げ幅を縮小した様子だ。

流動性の確保がFRBの大義名分のようだ。

今度のFOMC終了後に、バーナンキン議長が、さらに景気が悪化するようだったら、さらなる利下げの可能性を示唆するコメントを盛り込むかどうかに私は注目しているが、どうなるのだろうか?

これまで利下げをすれば、インフレを加速することになり、昨年末から段階気に引き下げてきた利下げの影響もあってから、NYの石油先物取引指数のWTIでは1バレル=100ドルを突破して、あっという間にに119ドルまでになった。

また、金や穀物の値段も上がったおり、NYとシカゴ市場の影響でインフレが世界中に波及している。

おそらく、バーナンキン議長はさらなる利下げの示唆をせずに、今後の動向を慎重に見極める程度のコメントに収まるのではないだろうか?

NYダウも12,800ドルの上値抵抗線を突破しているし、日経平均も13,800円の上値抵抗線を突破している。

株価は順調に回復基調にあり、これ以上金利をさげてもスタグフレーションが加速する可能性が高い。

また、金利をこれ以上下げると、長期的に流動性の罠に引っ掛かりやすくなるのではないのかと心配してる。

30日のFOMCに目が離せません。


819a149f.JPG先週の金曜日に、滋賀県大津市に出張しました。
金曜日だったので、そのまま大津市内に2泊して京都の桜見物にでかけました。

土曜日は、醍醐寺と円山公園周辺をぶらりと観光しました。
醍醐寺は、豊臣秀吉が盛大な花見をしたことで有名な寺で、豊臣秀吉が花見をしただけあって、桜が見事なお寺でした。

今まで見たことがないほど、立派な桜が何本もあるお寺でした。

次に、円山公園に行きました。
円山公園といえば、しだれ桜で有名ですが、しだれ桜は老木のためか切られて小さくなっていましたが、でもライトアップされるときれいです。
また、付近にも若いしだれ桜が成長してきており、きれいでした。

ただ、円山公園は東京でいうところの上野公園のような場所で、お花見をするためにござを所狭しと、敷いておりお花見をする人で園内はごった返していました。

桜のきれいさよりも、花見客の多さにびっくりしました…

日曜日は、嵐山に行きました。
嵐山の中之島は有名なしだれ桜がありますが、こちらも人がすごかったです…
嵐山の山の桜も見事ですが、近くにある天竜寺の桜も見事でした。

で、最後は以前から興味のあった梅小路の蒸気機関車博物館です。
本音は、こちらが旅の一番の目的かもしれません…

さて、梅小路は日本で唯一現役の蒸気機関車が5台以上動態保存されており、西日本地区を走るSLはすべてこの梅小路で管理されているそうです。
以前、山陰線で梅小路付近を走っている時に、走っていたSLを見て感動し、一度は来てみようと考えていました。

今回、走っていたSLは、C62とい大型のSLでした。
幾度となく、引き込み線内を客車を引いて走っていたので、写真を撮る機会にも恵まれ、いい写真が何枚もとることができました。

SLに興味がなくても、走っているSLを見ると感動するかもしれませんので、機会があれば梅小路に行ってみてください。

今回の旅行の写真は、グリーにアップしますので見てください。


北京オリンピックの聖火がパリ市内を走っている最中に、チベット問題で中国にたいして抗議を露わにする人々が、聖火ランナーの走行に妨害を加えたりしているらしいが、かつて聖火ランナーの走行において、こんなにまで問題になったことはあったのだろうか?

これは明らかに、異常だと思う。

まるで、サッカー場のフーリガンを取り締まるかのように、警官隊などがたびたびやってくる暴徒を捕まえているが、敵もさる者で警官の服装をまねしたりするなど巧みにやってくるのだが、日本からテレビで見ている私には、まるで聖火の火を消そう!!というゲームをプレーしている気分になる。

こうした、錯覚はたびたび傍観者の立場では起こりえるのだが、今回の場合あまりにも単純な構造を何度も繰り返し行っているので、おもしろいという感情さえ湧いてくる。

じきに、日本にも聖火がやってくるが、はたして問題が起きるのだろうか?

フランスのサルコジ大統領が何かとお騒がせでゴシップネタなどが続々と報道されているようだが、サルコジ大統領がルーマニアで開かれたNATOの年次総会に初めて参加したそうだが、その席でドイツのメルケル首相と親密さを再びPRした様子がテレビにでてきて安心した。

以前にも、テレビなどで両国の前宰相だったシラク前大統領=シュレーダ前首相の良好な関係を引き継ぎ、メルケル首相との間でも継続して両国がEUの中心国としてEUを引きて行くかを語った模様な報道されていたが、今回もそれが確認できた。

ドイツとフランスの関係は、互いを相互補完する関係にあり、両国の安定がEUの安定につながる。
今後も両国の動向に注目する必要がある。

なお、今回のNATOの年次総会ではブッシュ大統領とサルコジ大統領が総会の場で一度も目を合わせなかった様子だが、これはブッシュ大統領が過去の存在になりつつあるのをかを語っているようだった。

任期が切れるのは結構だが、その前にアフガニスタンとイラク問題だけはめどをつけて、ブッシュ大統領には勇退してもらいたい…

昨日は、エイプリフールでしたが、みなさんは何か嘘orきつい冗談を言いましたか?

私は、部署の装置で重大な問題が発生したので、そちらの対応に追われていたので冗談をいう暇がありませんでした。
最初、装置が故障したと聞いたときは、てっきり冗談だと思いましたが…

エイプリフールは年に1度嘘をつくことが許されるので、欧米のメディアなどはこぞっておもしろいニュースを脚色ないしネタを作っていたようです。

そんななかで、NHKでも紹介された、BBCの空飛ぶペンギンは傑作です。
You tubeで、ペンギン BBCを入力すると投稿された動画が見られますが、面白いです。

また、アメリカではタバコを吸うカメや肥満化が進むアメリカでは小学校の机が大きくなったことなど報道されていました。
いずれも、真実らしいですが、印象としては嘘から出た真ですかね。

フランスでは、サルコジ大統領が新しい婦人との身長差を埋めるために、これまではいていたシークレットブーツをやめ、特殊な手術をして身長を13cmも伸ばしたそうです。
当然ながら、これは嘘ですが。

いろいろな冗談が世界中で飛び交っていましたが、みなさんは何かおもしろいことがありましたか?

気がつけば、入社4年目です。

早いもので、大学を2005年に卒業してからもう3年がたち、社会人4年目となってしまいました。

大学生活の楽しかった余韻も吹っ飛び、眉間にしわを寄せながら仕事をしています。

ただ、そんな大変な社会人生活も趣味を持てばだいぶ楽になりました。

年2回の海外旅行は絶対に行きますし、地方に住む大学時代の友達のもとへもぷらりとでかける小旅行も年に1度は実行しています。

今年の海外旅行計画は、GWにヨーロッパです。
ヨーロッパは、オランダとポーランド、イギリスを旅する予定です。
34カ国を旅してきましたが、実はまだロンドンに行ったことがありません。

ですので、ロンドンに行きます。
007を見るのが好きで、世界中のロケ地を訪れたにもかかわらず、ポンド高の影響もあってロンドンだけは避けていました。

ポーランドは、首都ワルシャワと、第2次世界大戦の開戦の地であり、原因となったグダンスク(旧名 ダンチヒ)、そしてアウシェビッツが近くにあり、街自体が世界遺産のクラコフに行く予定です。

オランダは、以前いけなかったハーグに行きます。
ぜひ、国際裁判が開かれるハーグの平和宮を外観だけでもいいので、見てみたいです。

あと、1か月足らずでGWです。
航空券も買いました。
宿の予約準備も徐々に始めました。

いろいろと楽しみです。

ちなみに、夏はオーストラリアに行く予定です。
1週間の予定なので、シドニーとあともう1都市に行く予定ですが、現在選定中です。
エアーズロックにも行きたいのですが、航空券ならびに宿代が高いです…

こちらは、時間があるのでゆっくり考えます。

さて、最後に今年の小旅行ですが、山陰に行こうかと考えています。
知人が、どじょうすくいの安来節で有名な安来に住んでいます。
安来は、米子と松江の間です。

安来には、借景美と横山大観の絵で有名な足立美術館もあります。
また、世界遺産に登録された石見銀山にもそう遠くはないそうです。

ですので、今年は安来にいる知人に会いに、山陰に行きます。
時期は未定ですが、10月の中旬から11月の上旬にかけて計画中です。

2007年4月から2008年の3月までの1年間も、辛いことがたくさんありましたが、辛いことをくよくよと考えるのではなく、旅行のことなど楽しいことを考えて、プラス思考で今年も行きたいと思います。

私の脳内は、仕事5%、食事・睡眠20%、お金25%、旅行50%です。
ほぼ、旅行のことだけを考えています。
じゃなければ、人生やっていけません私の場合!!

このページのトップヘ